Topページ

ブログ最新記事は ・・・ 「思うツボにはまってはならぬ」

楽しく・分かり易く指導しています。
子供の頃にしっかりと基礎力を付けて、
大人になっても自力でピアノを弾けるようになって欲しいと願っています。

そして・・・
明石家さんまさんの「ホンマでっか!?TV」に出演されている脳科学者の澤口俊之先生が、習い事の質問で
「1番習い事としていいのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。全て脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭がいい。さらに、ピアノを習うとキレにくくなる」このように、おっしゃっていました。

ピアノを演奏するということは、
① 楽譜を目で見て
② 脳がその情報を理解して身体各部に指令を出し
③ 指をコントロールしてピアノを弾き
④ イメージどおりの音になっているか耳で確かめつつ、目は次の音符を追いかける
この4つの動作の流れを瞬間的に連続して行っています。
ピアノを弾くと、頭がよくなると言われているその理由は・・・。
脳トレーニングなんです。

子供の頃のピアノは、そんな恩恵も齎してくれるそうです。
ピアノが生涯の友となりますように♪





楽譜ダウンロード

おまけ「パプリカ楽譜 途中まで